脊柱管狭窄症メインイメージ

「脊柱管狭窄症」をご存知でしょうか。
おもな原因は加齢によるもので、50歳以上の方に多い症状です。
重症化すると、膀胱直腸障害がみられることがあります。

脊柱管狭窄症とは?

さまざまな原因が考えられますが、大半は加齢による変性が原因で起こります。
神経の通り道が狭くなり、神経が圧迫されることで臀部から足にかけてしびれや痛み、脱力感がみられます。
また、重症化すると膀胱直腸障害が起こることもあります。
50歳以上の中高年世代に多い症状で、身体を後ろに反らせると症状が強くなり、逆に前かがみの姿勢だと症状が和らぐのが特徴です。
長時間歩くとしびれや痛みが起こり歩行困難になりますが、前かがみの状態で休むと圧迫が軽減されて痛みなどが消失します。

脊柱管狭窄症のおもな症状

  • お尻から足にかけてしびれや痛みがある
  • 腰を反らすと痛みが走る
  • 足に脱力感を感じる
  • 長時間歩くことがむずかしい

脊柱管狭窄症の一般的な治療・施術の方法

  • 筋力トレーニングを継続的に行う
  • 薬物療法
  • コルセットなどによる保存療法
  • 腹筋や背筋の強化・関節可動域を広げるためのストレッチ
  • 膀胱直腸障害が出ている場合は手術を検討

脊柱管狭窄症の施術について

ハート鍼灸整骨院 宗像院では、痛みやしびれの原因である神経の圧迫を軽減させることを目的に、インナーマッスルのトレーニングを行います。
このインナーマッスルのトレーニングに用いるのが「楽トレ」です。
楽トレはジムなどでのトレーニングとは異なり、寝たままで重力を受けることなく行えるため、運動が不安な中高年の方にも安心です。
さらに、手技施術や鍼灸施術で筋肉の血流を改善して関節可動域を広げ、負担のかからない状態へ導きます。

患者様の声

脊柱管狭窄症に関連するブログ

22まで元気に営業中!!
お気軽にお問い合わせください
0940-72-6880
お問い合わせ
福岡県宗像市サンリブくりえいと宗像の目の前
〒 811-4183 福岡県宗像市土穴1-4-8
キッズスペース、各種保険、土祝診療、夜22時までOK、カードOK、予約優先制
受付時間
9:00~12:00
15:00~22:00
※土祝 午後15:00~20:00 ※休診日 日曜日
クレジットカード、PayPay支払い可能