ランナー膝メインイメージ

ランナー膝は、文字通り、長距離ランナーに起こりやすい症状です。
激しいスポーツをする方に多く、運動する前の準備不足、または筋力の低下などによって起こることもあります。
改善するためのポイントは早期に発見し、症状が軽いうちに治療をスタートすることです。

こんな症状があったら、ランナー膝かも!

  • 膝を曲げ伸ばしすると一定のところで痛みがでる
  • 膝外側を押すと圧痛がある
  • 一度痛みが出ても、休むとある程度痛みが引いている
  • 屈伸時に一定のところで引っ掛かり感がでる
  • 膝を動かすと音が鳴る
  • じっとしていていても膝外側に疼痛を感じるようになってきた

ランナー膝の原因は?

原因①
腸脛靭帯炎の最も大きな原因がオーバーユース(使いすぎ)です。
トレーニングの負荷が大きすぎたり、急に長い郷里を走ったり、普段やり慣れない登山をしたり、膝に対する負荷がかかってくると症状が出てきます。
初めは運動後に痛みが出る程度ですが、次第に運動中にも痛みが出てくるようになります。
そして、悪化すると痛みで運動が出来なくなり、最悪の場合靭帯や腱を断裂する可能性もあります。

原因②
超脛靭帯炎の原因の一つに走行フォームのクセも考えられます。
体重が身体の外側にかかるような走り方をしていると、膝の外側に痛みが出ることがあります。

原因③
O脚(ガニ股)も体重が身体の外側にかかりやすくなり腸脛靭帯炎の原因になります。

原因④
走行環境やシューズの不良も考えられます。
ランニングする場所がアスファルトなどの固い路面、下り坂が多い、でこぼこのある路面、カーブが連続するコースなどを走行する場合にも注意が必要です。

また、一般的なランニングシューズは踵で着地することを想定して作られています。
つまり、踵部分にクッション材を厚めに装備しています。
しかし、長く使用していると踵部分がすり減り衝撃の吸収具合が変わってきます。

シューズは踵が磨り減ったらなるべく早めに買い換えることをおすすめします。

ランナー膝を改善するには?

早期に発見し、症状が軽度のうちから治療を始めて安静にすることが大事です。
そうすれば完治するといわれています。
しかし、痛みを我慢したまま放置していると慢性化し、治療が長期化して治りにくくなる場合もあります。

痛みが発生したら、まずは絶対安静を守ってください(発生してすぐの場合は積極的に冷やすことも一つの方法です)。
もしも試合前の大事な時期だからといって無理をして練習を続けていると、本末転倒になってしまいます。

ランナー膝にならないためには、運動前のストレッチや体操をかならず行うようにしましょう。

ランナー膝の施術について

ハート鍼灸整骨院 宗像院では、まず患部の炎症を抑えることを目的に特殊電気(ハイボルト)を用いた施術を行います。
さらに鍼灸の施術で血流を促し、筋肉をほぐしていきます。

併せて日常生活やスポーツ時の負担を減らすためにテーピング療法を行います。
痛みが強くて運動などができない方に対しては、筋力が落ちてしまわないようインナーマッスルトレーニングを加えながらリハビリを行います。

ランナー膝に関連する症状や施術

ランナー膝に関連するブログ

22まで元気に営業中!!
お気軽にお問い合わせください
0940-72-6880
お問い合わせ
福岡県宗像市サンリブくりえいと宗像の目の前
〒 811-4183 福岡県宗像市土穴1-4-8
キッズスペース、各種保険、土祝診療、夜22時までOK、カードOK、予約優先制
受付時間
9:00~12:00
15:00~22:00
※土祝 午後15:00~20:00 ※休診日 日曜日
クレジットカード、PayPay支払い可能