ジャンパー膝メインイメージ

ジャンパー膝は、活発にスポーツを行っている10代男性に多くみられます。
軽症であればストレッチなどで改善することも多いですが、重症になると手術が必要になることもあるので注意が必要です。

こんな症状があったら、ジャンパー膝かも!

  • 膝の皿の部分が痛い
  • 階段を上るとき、降りるときがとくに痛む
  • ジャンプするときに痛む
  • 痛くて走ることができない
  • 膝の皿の上側・下側が痛い

ジャンパー膝とは

ジャンプや着地をしすぎることによって起こる大腿四頭筋や膝蓋靭帯のオーバーユース(使いすぎ)で、膝の下にある靭帯部分に痛みが出ます。
特にバスケットボールやバレーボールなど、ジャンプを多用するスポーツで多く発症します。

大腿四頭筋は、骨盤から膝の皿を経由して、膝の皿の下に付きます。
このためジャンプや着地などを多用すると大腿四頭筋の付着部に引っ張る力(牽引力)が継続的に働き、膝蓋靭帯(皿の下の靭帯)に炎症が起き、痛みが生じます。

ジャンパー膝は、オスグッド・シュラッター症候群と混同されることがありますが、この2つには発症年齢や症状に違いがあります。
オスグッドの発症年齢が10〜15才くらいであるのに対し、ジャンパー膝は骨端線(骨の端にある軟骨が骨にかわってゆく境目)が閉じる15才以降に発症します。
またオスグッドでは膝蓋骨の下方にある、脛骨粗面において骨の隆起が見られますが、ジャンパー膝では骨の隆起が見られることはありません。

どんな現象がみられる?

通常なら、足を曲げるとお尻につきますが、ジャンパー膝の場合は足を曲げると膝周囲が痛むため、お尻が持ち上がってしまいます。
この尻上がり現象が見られた時はジャンパー膝である可能性があります。

ジャンパー膝の改善方法

軽症であれば、数週間スポーツをすることを中止したり、大腿部を中心にストレッチしたりすることで改善します。
問題は重症化している場合です。
重症だと完治までに数年かかったり、手術になったりします。
これは「膝蓋腱」というスジの中で血管が余計に増えてしまうためです。
ジャンプのたびに強い負担がかかることで腱の中に小さな傷ができ、その傷を治すために血管が増えていくのです。
血管が増えると神経線維も増えるため、痛みの原因となってなかなか改善しない状況となります。

ジャンパー膝の施術について

ジャンパー膝の主原因はオーバーユース(使いすぎ)ですので、症状が見られた時は安静にすることが大切です。
ハート鍼灸整骨院くりえいと宗像院では、安静を保った上で、ストレッチやサポーターなどの装身療法を行います。
施術やリハビリにおいて、疲労した大腿四頭筋をほぐすことにより回復させていきます。
軽度なものであれば、サポーターやテーピングなどを使用しながら練習をすることは可能です。
その際は、練習前後のストレッチや練習後のアイシングは必ず行いましょう。

ジャンパー膝に関連するブログ

22まで元気に営業中!!
お気軽にお問い合わせください
0940-72-6880
お問い合わせ
福岡県宗像市サンリブくりえいと宗像の目の前
〒 811-4183 福岡県宗像市土穴1-4-8
キッズスペース、各種保険、土祝診療、夜22時までOK、カードOK、予約優先制
受付時間
9:00~12:00
15:00~22:00
※土祝 午後15:00~20:00 ※休診日 日曜日
クレジットカード、PayPay支払い可能