テニス肘メインイメージ

テニスプレーヤーに多いことから「テニス肘」と呼ばれていますが、他のスポーツや日常生活の動作でも発症することがあります。
手をよく使う30代〜50代の女性に多くみられるのも特徴です。

こんな症状があったら、テニス肘かも!

  • 雑巾や布巾を絞ると肘に痛みが走ることがある
  • 荷物を持ち上げるときに肘が痛む
  • 手に力が入りづらくなった
  • 肘の痛みがなかなか良くならない

テニス肘とは

上腕の外側の関節、手指の腱に炎症が生じ、肘の外側が痛くなる疾患です。
テニスプレーヤーに多くみられることから「テニス肘」と呼ばれていますが、ゴルフなどテニス以外のスポーツや、日常生活の動作や家事労働でも発症することがあります。

テニス肘になると、テニスのバックハンドのほか、雑巾を絞ったり重い荷物を持ったりしたときに痛みが出やすくなります。
30代〜50代の女性に多いのも特徴で、その理由としては筋力の低下や猫背の姿勢での動作が多いことが考えられます。
猫背の姿勢になると肩が前に入り込んだ状態になり、身体のバランスが崩れてしまいます。
この姿勢で家事などを続けていると炎症を起こしやすくなるのです。

テニス肘を改善するには

スポーツによる筋肉を使いすぎていることが原因の場合はできるだけ患部を使わず安静にすることが大切です。
しかし、日常生活では肘の曲げ伸ばしや手首を動かさないようにすることは難しい方が多いため、改善には時間がかかってしまいます。
また、一旦は炎症が軽くなっても、姿勢が悪かったり、関節のバランスの悪さがあったりすると、痛みが再発してしまう可能性が高いです。
痛みを繰り返さないようにするには姿勢の矯正や筋力の強化が必要になります。

テニス肘の施術としては、一般的には保存療法が用いられます。
合わせて日常生活指導、ストレッチ、ステロイド注射などが用いられ、多くは6ヶ月以内に痛みは軽減します。
場合によっては手術になることもあります。

テニス肘の施術について

ハート鍼灸整骨院 宗像院では、患者様の症状・状態に合わせて以下のような施術を行います。

  • 「ハイボルト」(特殊電流)で自然治癒力を高め、痛みを緩和
  • 刺激を与えることなく痛みをケアする「マイクロカレント」で施術
  • 回復期には「手技」により患部周辺の血行を促進
  • 「鍼灸」により損傷部分に血流を集めて自然治癒力を高める
  • 「猫背矯正」で肘への負担がかかりにくい体づくり
  • 姿勢を支える土台であるインナーマッスルを「楽トレ」で強化

テニス肘に関連するブログ

22まで元気に営業中!!
お気軽にお問い合わせください
0940-72-6880
お問い合わせ
福岡県宗像市サンリブくりえいと宗像の目の前
〒 811-4183 福岡県宗像市土穴1-4-8
キッズスペース、各種保険、土祝診療、夜22時までOK、カードOK、予約優先制
受付時間
9:00~12:00
15:00~22:00
※土祝 午後15:00~20:00 ※休診日 日曜日
クレジットカード、PayPay支払い可能