腱鞘炎メインイメージ

おもに手指の使いすぎによって起こる腱鞘炎。
日常生活でよく使う部位だけに、痛みがあるとツラく、なかなか治りにくい疾患です。
痛みを感じたらできるだけ早くご来院されることをおすすめします。

腱鞘炎の原因とは

腱鞘炎は、手首の背にある腱鞘の間に摩擦が生じ、炎症が起こることにより発症します。
炎症は、親指を使いすぎて負荷がかかり、腱鞘が分厚くなって腱の表面が傷つくことで起こります。

以下のような方は注意が必要です

  • スマートフォンを長時間使用する
  • 料理をよくする、または料理の仕事をしている
  • 子どもをよく抱っこする
  • 仕事で重機械を扱っている
  • 清掃業など指に力が入る仕事をしている
  • スポーツ選手
  • 妊娠・出産期または更年期の女性
    ※妊娠・出産期、または更年期の女性はホルモンバランスの変化により発症することがあります

腱鞘炎の一般的な改善・治療方法

腱鞘炎はなかなか改善しにくい疾病です。
理由は、普段の生活で手首や親指を使うことが多く、安静にすることができないからです。
症状を緩和させるためには、痛みを誘発させる作業や運動をできるだけ控え、患部を安静に保つことです。
症状に応じてサポーターやテーピングを用い、場合によっては腱鞘内ステロイド注射を行います。
重症の場合は手術を行い、その後リハビリを行います。

腱鞘炎の施術について

ハート鍼灸整骨院 くりえいと宗像院では、ハイボルテージ(特殊電気)を用いて患部の炎症を抑え、痛んだ腱鞘と腱の再生をはかります。
さらに鍼灸施術で深部の筋肉をほぐし、指と手の関節の可動域向上を目指します。
重症の患者様には簡易装具・テーピング療法を行っています。

腱鞘炎に関連するブログ

22まで元気に営業中!!
お気軽にお問い合わせください
0940-72-6880
お問い合わせ
福岡県宗像市サンリブくりえいと宗像の目の前
〒 811-4183 福岡県宗像市土穴1-4-8
キッズスペース、各種保険、土祝診療、夜22時までOK、カードOK、予約優先制
受付時間
9:00~12:00
15:00~22:00
※土祝 午後15:00~20:00 ※休診日 日曜日
クレジットカード、PayPay支払い可能