PMSメインイメージ

多くの女性を悩ませているPMS(月経前症候群)。
20〜40代に起こりやすく、症状がもっとも重いのは30代といわれています。
女性ホルモンが深く関係しており、ストレスや食生活も影響するようです。

PMSとは

PMS(月経前症候群)のおもな症状

  • 普段は気にならないことにもイライラする
  • 食欲がない、または過食になる
  • 自分をコントロールできなくなる
  • 少しのことで疲れてしまう
  • 不眠、または過眠になる

PMSの原因ははっきりとは分かっていません。
排卵後から月経までに多く分泌される女性ホルモン「エストロゲン」と「プロゲステロン」の変動が関わっているのではないか、と考えられています。
この変動により妊娠初期と似たような症状(体温上昇、水分の溜め込み、腸の抑制)が起こります。
個人差はありますがPMSは月経の3〜10日前に起こり、月経の始まりとともに自然とよくなります。

20代〜40代に起こりやすい症状で、とくに症状が重いのは30代といわれています。
仕事や育児や家事など、忙しさが重なることが理由の一つと考えられます。

ストレスや食生活も影響する

PMSの症状がよくならない一番の要因はストレスだといわれています。
月経前は心の安定感をもたらす「セロトニン」の分泌が減少します。
これに緊張状態が続く仕事、急な環境の変化、うまくいかない人間関係などでストレスがたまると症状が出やすくなります。
また、食生活も影響します。
カフェインが入っているコーヒー・紅茶、アルコール、塩分を多く含む食品などの取りすぎに注意しましょう。

日常生活の中で気をつけることは?

まずは自分の症状を理解することが大事です。自分自身がリラックスできる環境をつくり、居心地よく過ごせる工夫をしましょう。
バランスのとれた食生活も大切です。
とくに摂りたいのはビタミンやミネラルが豊富な青魚・マグロ、大豆、ひじき、レバー、ナッツ類です。
また、ウォーキングなどの有酸素運動も症状を和らげるといわれています。

PMSの施術について

まずはお近くの病院で受診されることをおすすめします。
検査の結果や症状の経過をみながら、ハート鍼灸整骨院 宗像院での施術を取り入れることで症状の軽減や再発防止が期待できます。
ハート鍼灸整骨院 くりえいと宗像院では、鍼灸施術で女性ホルモンの分泌を刺激し、調整します。
また、ハイボルト(特殊電気)を用いてインナーマッスル(腸腰筋)への刺激を行います。
さらに骨格矯正も合わせて行います。
これは頚椎(首の骨)と仙骨(骨盤の中心)のバランスが女性ホルモンの分泌に大きく関わっているためです。

22まで元気に営業中!!
お気軽にお問い合わせください
0940-72-6880
お問い合わせ
福岡県宗像市サンリブくりえいと宗像の目の前
〒 811-4183 福岡県宗像市土穴1-4-8
キッズスペース、各種保険、土祝診療、夜22時までOK、カードOK、予約優先制
受付時間
9:00~12:00
15:00~22:00
※土祝 午後15:00~20:00 ※休診日 日曜日
クレジットカード、PayPay支払い可能