野球肘メインイメージ

野球肘は、野球をしている選手や学生にあらわれやすい疾患です。
徐々に発症する場合が多く、慢性化しやすいため、注意が必要です。

こんな方は、野球肘かも!

  • ボールを投げると肘が痛い
  • 肘を曲げると痛い
  • 投球した後に腕から手先がしびれる
  • 肘を伸ばすと痛い
  • 手に力が入らない

野球肘とは

名前の通り、野球をしている選手や学生、とくに成長期の投手に発生する疾患です。
おもな原因はオーバーユース(使いすぎ)で、おもな症状は投球時の疼痛です。
徐々に発症する場合が多く慢性化しやすいため、痛みが出たら注意が必要です。

痛みの発生部位としては投球する側の肘の1.内側、2.外側、3.後方型の3つがあります。

  1. 内側型は、肘の内側部が投球時に回内屈曲筋によって牽引力が加わり、内側に微細損傷が発生します。
    重症例では上腕骨内側上顆骨が牽引力によって剥離骨折を起こします。
    おもな症状は明らかな肘内側の圧痛、腫脹、投球時の肘痛、肘の可動域制限、小指側のしびれ感などです。
  2. 外側型は逆に、肘外側にある上腕骨小頭や撓骨頭に圧迫力が加わり、離断性骨軟骨炎が発生します。
    おもな症状は肘外側の疼痛で、ロッキング症状があらわれることがあります。
  3. 後方型は減速期に肘伸展位で尺骨肘頭に牽引力が加わり、剥離や疲労骨折などが起こります。
    おもな症状は、肘後方の圧痛、投球時痛、ロッキング症状です。

野球肘の一般的な対処法

まずは、オーバースローのピッチング動作を休止することを徹底します。
また、投球時のアイシングを徹底して行うようにします。
骨変化が認められる場合は3ヶ月以上のスローイング動作の休止が必要になり、1〜3年くらいのフォローアップが必要です。
遊離骨片によって肘がロッキングしている場合は骨片摘出手術となります。

野球肘の施術について

ハート鍼灸整骨院 くりえいと宗像院では、最初に整形外科的検査の結果をもとにどの症状であるかを判断し、症状に応じて、可動域の向上、筋力の強化、負傷した骨や腱の再生などを目的とした施術を行っていきます。
症状経過が著しい場合、初見段階で症状が悪い場合は、専門医をご紹介いたします。

22まで元気に営業中!!
お気軽にお問い合わせください
0940-72-6880
お問い合わせ
福岡県宗像市サンリブくりえいと宗像の目の前
〒 811-4183 福岡県宗像市土穴1-4-8
キッズスペース、各種保険、土祝診療、夜22時までOK、カードOK、予約優先制
受付時間
9:00~12:00
15:00~22:00
※土祝 午後15:00~20:00 ※休診日 日曜日
クレジットカード、PayPay支払い可能