肩こりメインイメージ

肩こりの原因は、姿勢の悪さ、スマートフォンやパソコンのやりすぎ、筋力不足によるストレートネックなどが考えられます。
ハート鍼灸整骨院くりえいと宗像院では、姿勢の改善や筋力トレーニングによる根本的な施術を行います。

肩こりはどうして起こるの?

肩こりや頭痛は、筋肉の低下や姿勢の悪さによって起こる血液の循環障害といわれており、最近では精神的ストレスからくる場合もあるとされています。

近年はとくにパソコンやスマートフォンのやり過ぎにより、肩や首に負担がかかり、肩の痛みやだるさが生じるというケースが増えています。

○肩こりや頭痛になりやすい方の特徴

  • 筋力が弱く「なで肩」の人
  • 首が長く、頚椎の前弯が少ない(ストレートネック)の人
  • 猫背の人

これに当てはまる方は注意が必要です。早めに改善するのがおすすめです。

肩こりの症状は?

肩周辺のコリ、重だるさ、気分が悪くなるなどの不定愁訴があります。
また、慢性の肩こりは頭痛を伴う場合があります。

筋肉収縮性の頭痛は、首や肩を支えている筋肉が硬くなり、血液の流れが悪くなることから起こります。
夏は冷房により、冬は寒いために自然と肩をすくめたり姿勢が丸まって筋肉が硬くなりやすいです。

肩こりをそのままにしていると、頚椎椎間板ヘルニアや胸郭出口症候群など、神経圧迫による上肢痛や痺れを起こしやすいので注意が必要です。

肩こりの施術について

筋肉の緊張をゆるめて血液の循環を改善することを目的に、マッサージやストレッチ、温熱療法、鍼などの施術を行います。

肩こりは背骨や骨盤の歪みから生じることもあるので、全身のバランスをみながら調整を行います。
また、頚部はとてもデリケートな部分ですから、施術にも高い技術が求められます。

予防としては、普段からストレッチや運動、ウォーキングなどで全身を動かし、循環を良くしておくことが有効です。
もしも肩こりを感じたら、自分で強く押したりむやみに動かしたりせず、ご来院くださることをおすすめします。

ただの肩こりじゃない!?こんな症状には要注意!

  • 発熱など全身症状を伴っている(結核などの炎症性疾患の可能性)
  • 腫瘍系の病気になった経験があったり、自発痛や夜間痛が強い(悪性腫瘍の可能性)
  • 膀胱直腸障害を持つもの(後縦靭帯小骨症、頚椎症性脊髄症、頚椎椎間板ヘルニアの可能性)

「むち打ち症」の可能性も

肩や首に痛みがある場合、通常の肩こり以外に、交通事故による「むち打ち症」であるケースがあります。
交通事故後、病院で診察を受けていても、むち打ち症はレントゲンやMRIでは分かりにくいため、湿布や薬だけの治療で終わることがあります。

また、むち打ち症は、事故直後ではなく翌日や数日後に痛みが発生することが多いので注意が必要です。

患者様の声

肩こりに関連するブログ

22まで元気に営業中!!
お気軽にお問い合わせください
0940-72-6880
お問い合わせ
福岡県宗像市サンリブくりえいと宗像の目の前
〒 811-4183 福岡県宗像市土穴1-4-8
キッズスペース、各種保険、土祝診療、夜22時までOK、カードOK、予約優先制
受付時間
9:00~12:00
15:00~22:00
※土祝 午後15:00~20:00 ※休診日 日曜日
クレジットカード、PayPay支払い可能