頭痛メインイメージ

頭痛は広く一般的な症状ですが、原因は筋肉の硬さからくるもの、自律神経の乱れからくるもの、血管や血液の乱れからくるものなど様々です。

大きく分けると一時的に痛む頭痛と慢性型頭痛に分けることができます。
以下、慢性頭痛の代表的なものをご紹介します。

※強烈な頭痛や顔のどちらか半分が垂れ下がる現象、意識が薄れていきそうな場合はかかりつけの医師に至急相談してください。

筋収縮性頭痛(偏頭痛)

偏頭痛は、頭の片側または両側が脈打つようにズキンズキンと痛む症状が出ます。
月に1〜2度、週に1〜2度の頻度で発作的に起こるのが特徴です。
仕事が手につかないなど、多くの方が日常生活に支障をきたします。

吐き気や嘔吐を伴うことが多く、普段なんでもないような光や音に対して過敏になるといった随伴症状が見られることもあります。
しかし、痛みが治まると健康な人と全く同じように生活や行動ができますし、偏頭痛自体が命に関わることはありません。

ストレスのある状態を続けたあと、一段落してホッとしたとき(休日など)にも頭痛が起こります。
頭痛は数時間程度のこともあれば、3日間くらい続くこともあります。

緊張型頭痛

緊張型頭痛はにぶい痛みが特徴です。非拍動性で、我慢できないほどの痛みではないのが普通です。
数時間〜数日の頭痛が反復して起こる場合と、持続して毎日のように続く場合があります。
コンピューターの前に長時間座っているような人に多く、効果的に休憩をとるなど、ライフスタイルの改善でよくなることもあります。

ズキズキしない(非拍動性)、両側性、随伴症状(吐き気、めまい、生あくび等)は伴わない、痛みの強さは軽症〜中程度、日常生活を妨げたり日常生活で悪化したりしない、などが偏頭痛との違いです。

群発頭痛

群発頭痛も、偏頭痛と同様に発作的に起こる頭痛です。
年に数回から数年に1回くらいの頻度で起こりますが、一度発症すると1ヶ月〜2ヶ月にわたってほとんど毎日、ほぼ同じ時間帯に激しい頭痛におそわれます。

片側の目の奥が強烈に痛むのが特徴で、同じ側の目や鼻に涙・鼻水・鼻づまりなどの症状が現れます。
じっとしていられず、転げまわる人もいるようです。

発作が起こっている期間にアルコールを飲むと、必ずといっていいほど頭痛発作が起こると言われています。
群発頭痛をもっている人はアルコールを控えめにするのがいいでしょう。

ハート鍼灸整骨院くりえいと宗像院での「頭痛」の施術

頭痛持ちの方には、必ず異常に緊張をしている筋肉があります。
その箇所を押したり、つまんだりして刺激すると、頭に響いて頭痛が再現されることもあります。
そういった筋肉が、その方の施術のポイントになるので関連する筋肉に集中して施術を行います。

それでも症状が改善されない場合は、鍼灸施術にて原因を取り除きます。
1〜2回の単発の施術よりも、効果を持続させるためには、短期間で3回以上の通院を強くおすすめしております。

患者様の声

頭痛に関連するブログ

22まで元気に営業中!!
お気軽にお問い合わせください
0940-72-6880
お問い合わせ
福岡県宗像市サンリブくりえいと宗像の目の前
〒 811-4183 福岡県宗像市土穴1-4-8
キッズスペース、各種保険、土祝診療、夜22時までOK、カードOK、予約優先制
受付時間
9:00~12:00
15:00~22:00
※土祝 午後15:00~20:00 ※休診日 日曜日
クレジットカード、PayPay支払い可能